Breaking News
recent

風の外側  OUT OF THE WIND (2007) 安藤サクラ主演 奥田瑛二監督

奥田瑛二監督・脚本作品「風の外側」です
主演は監督の次女安藤サクラ、助監督はサクラの姉であり後に監督デビューする長女モモコ、校長先生役に安藤和津、奥田監督自身もサクラさんの父親役で出演している・・・
安藤家家内工業映画みたいです。
上記理由で今までスルーしておりましたが、安藤サクラをスルーしちゃうのも勿体ない。
安藤サクラは決まっていた女優の直前降板による代役だそうです。



ある朝、真理子(安藤サクラ)はフェリー乗り場で通学鞄を海に落としてしまう。青年(佐々木崇雄)が海に飛び込んでかばんを拾ってくれるが、オペラ歌手を夢見る彼女の大切な楽譜が紛失し、その代償として青年は真理子の下校時のボディーガードを引き受けることになる。2人は次第に親しくなるが、青年は名を名乗ろうとせず……。--cinema today 


やっぱり集中が途切れちゃう瞬間が多々ありました。
校長先生が生徒の真理子と顔がそっくりなんだもん><;;。



----------------------以下ネタバレあります-------------------------------------




 安藤サクラの相手役の佐々木崇雄さんという方は見たことも聞いたこともない方なんですが、モデルさんで、オーディションで選ばれたんだとか。
前半はお嬢様学校に通う真理子とチンピラ青年が出会い心を通い合わせる姿が描かれていたので、青春のキラキラものかと思いましたが、後半急転して悲恋みたいな感じに。

多分韓流だのなんだのとマスコミが押していた時作られたのでしょうが、テーマの1つが在日問題です。

真理子が出会ったチンピラ青年は、在日朝鮮人チョ・ソンムンでしたとさ。
そこから青春キラキラは陰をひそめ、”冬のソナタ”みたいな展開・・・真理子の父とソンムンの母が昔恋人で南北問題で別れただとか、ソンムンが真理子の父の命を狙う鉄砲玉になったりとか、とったつけたように真理子側の人間とソンムン側の人間が交錯していく謎すぎるサスペンス展開。

ソンムン役の佐々木崇雄さんが在日朝鮮人にもチンピラにも見えないという難点。

元々はモデルさんなのでお芝居がたどたどしい上に、長身モデル体型でギリシャ彫刻のような顔立ち。
「オモニ」「アボジ」とか言いなれていない感じがでちゃっていて、いろいろと拙い。
ソンムンの部下の若造チンピラ2人が芸達者で、ちゃんと在日にもチンピラにも見えたため目立っちゃいました。。
その芸達者な若造チンピラの1人は「夜のピクニック」「信さん 炭鉱町のセレナーデ」「リアル鬼ごっこ」の石田卓也君の若き日の姿でした。

安藤サクラは裕福な家の娘さん役なんですが、持ち前のエキセントリックな姿を見せていました。
クラッシックオペラを歌うシーンもあるんだけど、声は吹き替えなんだろうか?
もの凄い形相で歌っているので思わず吹いてしまったのですが、オペラ歌手って確かにあんな感じ。

この映画、チョイ役のキャスティングが凄くユニークです。
安藤家の他にも真理子のオカマっぽい声楽の先生はスピリチュアルカウンセラーの江原さん、英真理子のクラスの英語教師は小説家の島田雅彦先生。
島田先生はロシア専門の方なので、英語は妙にたどたどしい(笑)
他にも在日朝鮮人のおばちゃんにジャズシンガーの綾戸智恵、刑事役がハウンドドッグの大友さんでした。

やっぱり奥田瑛二はすごいな、と思ったのが、娘を脱がせたこと。
しかも完全なるオッサンの脳内妄想を娘で映像として残すとかすごすぎ。
脚本を書かない監督が多い中オリジナル脚本で勝負している奥田監督の作品に注目してきたいと思います。

舞台になったのは山口県下関市で、オール下関ロケだそうです。
「下関で撮る」ということが前提で書き上げた脚本だそうです。
ロケ地はそのまま観光地ルートという感じです。
こちらで「風の外側」ロケ地が紹介されています。















■風の外側 [DVD]   


Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.