Breaking News
recent

休暇 (2008) 小林薫×西島秀俊 死刑執行刑務官の苦悩を描いた社会派映画

映画「休暇」は、伝えたいことのみに絞り描いたんだ、という印象を受ける、とても骨太な社会派ドラマです。
職務として死刑執行を執り行わねばならない刑務官の苦悩を静かに描いています。
死刑の是非を問う映画ではありません。
刑務官のことを描いた傑作「グリーンマイル」がありますが、本作は日本舞台で現代の刑務官なので、こちらのほうがリアルで考えさせられると思います。
そして脇役に至るまでどの役者さんも素晴らしくて見応えがあり、地味ですが考えさせられました。
吉村昭の同名短編小説の映画化です。





結婚を目前に控えた刑務官の平井(小林薫)は有給休暇を使い果たし、新婚旅行に出掛けられずにいた。披露宴を週末に控えたある日、収監中の死刑囚、金田(西島秀俊)の執行命令が下る。執行の際、下に落ちてきた体を支える“支え役”を務めれば1週間の休暇が出ることを知った平井は、誰もが嫌がる支え役に自ら名乗り出る。--cinema today

死刑執行時の”支え役”の苦悩

死刑執行の絞首の際に落ちてきた死刑囚を支える「支え役」が2名必要だということが、まず衝撃でした。
落ちてきた死刑囚が、死の苦しみのあまりもがいたりすれば余計に苦しむため、必要な係りだとは思います。
しかし、支え役は死刑囚にトドメを刺すような役割で、精神的ダメージがあるため支え役2名は1週間の休暇が与えられるそうです。
てっきりメンタルケア等はあるのかと思っていましたが、1週間の休暇というのも衝撃でした。
「休みをやるから自分のメンタルくらい自分でなんとかしてこい。」ということでしょうか。。。過酷です。

刑務官の平井は、バツイチ子持ちの美香(大塚寧々)と見合いの末、結婚を決めます。
そして結婚を控えたその時、死刑囚金田の死刑執行命令が下されます。
息子となった美香の息子が平井になかなか心を開かないので、「3人で旅行にでも行けばもっと親しくなれるんじゃないか?」と考え、上司が反対する中「支え役」を買ってでることに。
家族になった人達のために、家族の未来のために切実に「休暇」が欲しかったことはよくわかりました。



死刑囚の苦悩と絶望

一方、死刑囚金田は大人しく絵ばかり描いている死刑囚。
この金田がどのような罪を犯して死刑になったのかは一切明らかにされないのですが、示唆はありますし、複数人を殺人・・・でないと死刑になりません。
西島秀俊が刑の執行を知った死刑囚の絶望や苦悩、それでも生きたいという強い気持を「・・・(台詞なし)」で繊細に演じていて切なく、この辺りの西島さんは神演技すぎでした。
すごく落ち着いていて、律して(ストイックな西島さんとかぶった!?)日々を過ごしているように見え、死刑も覚悟しているように見えたんですが、「死にたくない、生きたい。」という気持が壮絶で、人間の「生存本能」は、理屈では説明がつかないものなのかもしれないと思いました。
しかし全く描かれていない分、余計に被害者のことが明瞭に頭に浮かびました。




日本の死刑執行時のプロセス

一番驚いたのは、死刑のプロセスです。
昔は執行前2,3日前に囚人に知らされ、最後に家族と面会することもできたそうですが、死刑通達された死刑囚が自殺を起したりする事件があり、今のようになったそうです。
当日の朝に小部屋に引きずるように連れて行かれ、午前10時には刑が執行されるそうです。
この事実を知らなかったので、西島さんの熱演と合間って、衝撃でした。
最後に家族に面会することもできず刑が執行されることは非人道的だという声もあるそうです。
でも死刑囚の犠牲になった方たちは、もちろん最後に家族と会うことなんかかなわなかったわけだし・・・と色々考えさせられました。

そして家族になった3人の休暇。
勿論、平井の死刑執行刑務官としての苦悩は今後も続きそうですが、癒してくれる家族が出来たのは救いだと思いました。

本作でスポットが当っているのは「支え役」の刑務官ですが、死刑囚を部屋から連れ出す刑務官、ボタンを押す刑務官、それぞれ異なる苦悩があると思います。
利重剛さんが演じていた拘置所所長は、死刑が行われるたびに最初から最後まで見届ける役目で、しかも刑務官の中から執行する刑務官を選ばなければなりません。
こちらも相当キツイ任務だなぁ、と思いました。
死刑制度についてはもちろん、刑務官の心のケア等はなんとかならなのかな?等、考えさせられることが多い映画でした。

ロケ地は山梨県の各地だそうです。
山梨にローカル線で休暇に行くということは、東京拘置所の設定なのかも。



 ○富士急行線
 「休暇」はローカル線に乗って・・・

富士見ふれあいの森公園 (山梨県西八代郡六郷町岩間)
平井が「休暇」で訪れた公園で、息子とボール投げをするシーン

ヴィラ エステリオ ディ サンタリア (山梨県甲府市川田町アリア−206)
結婚式のシーン


DVD







にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。
Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.