Breaking News
recent

デトロイト・メタル・シティ (2008) 松山ケンイチ主演の人気漫画映画化+ロケ地




渋谷系おしゃれポップミュージシャンを目指して大分から東京に来た根岸君(松ケン)。
怖系女社長の命令により、デスメタルバンド、DMC(=デトロイト・メタル・シティ)のギター&ボーカル”ヨハネ・クラウザーII世”として活動するはめに。
しかしこれが大ブレイクし、やめるにやめられなくなり、己の理想と現実との間で悩む根岸君・・・というような話ですが、真面目に見る必要なしの、なにも考えずに見て爆笑できるコメディです。
クラウザーさんが町とか遊園地とにいるだけで、絵面がおかしい(・∀・)
ここまで爆笑コメディは邦画では珍しいような気がします。

人気コミックの映画化

『デトロイト・メタル・シティ』は、若杉公徳(大分県豊後大野出身)による人気ギャグ漫画の映画化です。漫画は映画見た後に少しだけ読んだことがあります。
松ケン演じるクラウザーさん&根岸君の再現度はかなり↑↑↑↑↑↑だし、松雪泰子さんのキレキレメタル女社長、根岸君が思いを寄せる相川さん役の加藤ローザもみんなはまり役です。
漫画のより毒は抑え気味ですが、漫画の激しさとは別の激しさが映画にはあると思います。

キャスト陣の振り切れてる演技+ジーン・シモンズ

そういうわけで、見所はキャスト陣の振りきれてる演技です。
こういう過激で刺激的な松雪さんはコレでしか見られないと思います(大昔”白鳥麗子”とかいう違うベクトルでクレイジーなヤツはあったような気もしますが。)
そして松ケンは流石だし、脇役陣がまたおもしろいのです。
それにしてもKISSのジーン・シモンズ、よく出てくれたなぁ、と。



これだけのためにw
もうこの対決とかもはやなんの対決なのかもよくわからないんですがwww
なんかちょっと申し訳なく思うとともに、きっといい人なんだろうな、と思いました。


自分の好きなこと、他者が自分に求めることの格差

一見おバカコメディだけどナンセンスではなくて、一本芯の通った主題があります。
自分の好きなことと他者が求めるものに格差があったらどうするのか?ということです。
自分の好きなことと他者が求めるものが一致して仕事をしている人は少なく、大勢の人がなんとか折り合いをつけてやっていますよね。
その辺りのことを根岸を通して少しかんがえさせられます。

楽曲の魅力

根岸君が歌う「甘い恋人」は、昔”渋谷系ミュージシャン”として一世風靡したカジヒデキによる楽曲提供です。
カジヒデキが歌うとおしゃれ系になるのですが、根岸君が下北沢地蔵前でキャピキャピ、クネクネして歌う「甘い恋人」は結構きもちわるいですw
これが根岸君のやりたい音楽なのですが。
そしてクラウザーさんになると見事なデスヴォイスに悪魔キャラ、松ケンすごいです。
昔この映画でクラウザーさんが歌ってた「SATSUGAI」「恨みはらさでおくべきか」「ファッキンガム宮殿」をよく聞いていました。
また聞いてみよう。


ロケ地 (東京、大分県豊後大野)

ロケ地は東京と、根岸君の実家は大分県豊後大野犬飼(原作者の出身地)。
クラウザーさんが走るシーンは表参道、豊島園、東京駅など、大分では犬飼大橋を走ってました。

東京

●渋谷タワーレコード

道挟んだ向い側には相川さんが待っていたカフェ。
タワーレコードのクラウザーさんとカフェの根岸君が行ったり来たり。




●下北沢 石地蔵の祠
下北沢南口商店街の坂を下って平らになったところです



大分

●JR肥後本線犬飼駅
引用:wiki




●黒松阿蘇神社

お母さんがお守りを買ったところ
豊後大野犬飼黒松地区にある神社です



羽田発着⇔大分 往復航空券 チケットカフェ





動画0.35~は、表参道のカワイ音楽教室です


★DVD



にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。


Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.