Breaking News
recent

ダイナマイトどんどん (1978) 菅原文太主演 岡本喜八監督の任侠野球コメデ ィ


昭和25年 GHQ統治下の北九州。
岡源組(ダイナマイトぶっ放し)と橋傳組(ピストルうちまくり)との間で荒れるヤクザ抗争。
ごうを煮やしたGHQは、小倉警察署長に命じてヤクザ達にアメリカ流民主主義、野球で決着させるように命じます。
「民主主義の時代や~!アメリカ民主主義といったらベースボールや~!」
みたいなことで、北九州任侠野球大会みたいなもので決着をつけることに。

・・・と設定からしてなんかおかしい、色々と突き抜けちゃってる岡本喜八のドタバタ喜劇。
原作は北九州出身の芥川賞作家、火野葦平の「新遊侠伝」という小説らしいのですが、ホントにこんなに奇天烈な話なんだろうか?
原作小説読んでみたいけど、絶版みたいです。

ヤクザ屋さんがGHQの目をごまかす為に野球をするわけで、グラウンドで繰り広げられているのはやくざ戦争で、スポーツマンシップ=任侠と解釈するヤクザ屋さん(笑)
でもドスやチャカがグローブとバットになると、戦争もなんだかおマヌケです。
仁侠映画を見たい人向けの映画ではないし、野球というスポーツを愛している方にはとてもおすすめする勇気がないのですが、愛すべき濃いおバカキャラがこれでもか、というくらい登場する、痛快爆笑(時に失笑)喜劇です。

でも愛すべきおバカキャラの菅原文太は、野球ではなく戦争で決着をつけたい。
「ベースボールなどやってられるか」とチームに加わらない。
しかしパンパン(売春婦)野球のメンバーたちにバカにされたり、惚れたお仙にも「野球やらん人に酒は飲ませられん。」とか言われちゃってキャッチャーとして加わることに・・・。
このパンパン野球チームの監督をしていた傷痍軍人フランキー堺が岡源代ダイナマイツの監督になり・・・ 
そもそもパンパン野球ってなんだよw




菅原文太×北大路欣也×お仙さん(宮下順子)の三角関係恋愛や、岡源と橋伝のすったもんだで縄張りかけて争うことになったりとか色々ありますが、見所はやはり野球シーンでしょう。
「全員デッドボールで殺しちゃれ!」だし、パンパンチアガールは「殺せ!殺せ!」「戦争!戦争!」だし、ものすごいカオスで^^;
北大路欣也の指を詰めてるからこそ可能な魔球だとか、アル中投手、田中邦衛のなめくさったピッチングとかわけのわからん見所が盛りだくさんです。
走塁妨害、守備妨害は当たり前、盗塁する奴には飛び蹴り、となんでもありな極道野球です。
とにかくハチャメチャなんだけど、野球を通して民主主義を知るヤクザたちは最高でした。
野球映画はいろいろあるけど、一番笑える野球シーンでした。

でも岡本喜八監督なので、戦後ヤクザによるドサクサな世の中や、それにまつわるヤクザ抗争など、荒れた戦後の世相を結構真面目に描いていたりもします。
それでも岡源組の言語障害の組長(嵐寛寿郎)が「アワアワフガッ!」ってなるシーンは笑えますが、野球と恋愛意外のパートは結構ハードでシリアスです。
あとやたら喧嘩シーンが長くて凝っているのは昔の映画の特徴なのかな?
文太さんも欣也さんもけっこうもらってるように見えました。

舞台となっているのは北九州で、多くは北九州で撮影されたそうですが、野球のシーンは多摩川河川敷、あとおしゃれスポットになる前の横浜赤レンガ倉庫で撮影したそうです。
ロケ地情報はこちらのサイトが詳しいです。
http://inagara.octsky.net/dainamaito-dondon



羽田発着⇔北九州 往復航空券+ホテル付 チケットカフェ





amazon配信サービスです





Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.