Breaking News
recent

ジヌよさらば かむろば村へ (2015) 松田龍平×阿部サダヲ


「ジヌよさらば かむろば村へ」松尾スズキ監督。
つかみどころのないユルさが良くも悪くも大人計画で、ブラックギャグや下ネタ満載
お金アレルギーになってしまった元銀行マンの限界集落移住記なんですが、エロ、グロ、暴力、政治、ファンタジー、ナンセンスなんでもありのとっても大人計画。
いまいち掴みどころがなくてくだらなくて(褒め言葉)、一体なんの映画なんだかよく分かんないけど、お金アレルギーになったタケの田舎暮らしと田舎あるあるなお話です。


お金アレルギーになってしまった銀行マン高見武晴(タケ・松田龍平)は会社を辞め、お金を使わない生活をすべく東北の寒村に移住。そこには謎めいた過去を持つ世話焼きな村長(阿部サダヲ)や、自ら神と称し周囲から人望のある老人(西田敏行)など、強烈な個性を持つ村人たちがいた。一筋縄ではいかない彼らと向き合い自給自足の生活を目指すうちに、高見の生活は予期せぬ展開を見せ……。

お金に触るとアレルギーで失神する・・・ってことでジヌ(銭)にグッバイして「なにも買わない/なにも売らない」もモットーに田舎に移住した元銀行員タケのお話です。
「お金アレルギーならクレジット決済すればいいんじゃね?」なんてツッコんだら負け♪
前半は荒唐無稽なタケの田舎移住記+荒唐無稽な村長のナンセンスな掛け合いや、ちょいと風変わりな村人たちに笑いっぱなし。
バカウケ、ややウケ、微ウケ、スベリウケ、いろいろですけどw
松田龍平の飄々キャラは、もうお手のものと言う感じですが、ダサ男龍平はちょっと新鮮でした。
松田龍平&片桐はいりの失神芸が妙にツボに入ってしまい困りました。
大人計画の俳優陣、阿部サダヲさん、皆川猿時さん、荒川良々さん、村杉蝉之介+はいりちゃん+西田敏行なんて出てるだけで笑っちゃう。



そして後半はテイストがちょっと変わって、市町村合併や村長選挙。
得体の知れない村長がメインで、まじめなんだけふざけてるんだかよくわからない過去なんかもでてきて、いい感じのどーでもよさ気な感じ。
前半のような笑いはやや失速ですが、田舎の政治の話は意外とリアルでした。
田舎の人って、多分選挙がもうイベントになってて、選挙好きが多いんですよね。

でも「なにも買わない/なにも売らない」なんて、実際はどんな田舎でも無理だな、と思ったのですが。
ホームレスだって物買ってるもの。
お金を使わなくて生きていけるに越したことはないかもしれないけど、それだと欲しい物はGETできないわけで。
それだけ世の中お金に振り回されすぎ、ってことなのかもしれません。



かむろば村の高齢化率40%・・・って自分の故郷も40%強で、南の方のこんな所だから田舎あるあるにいちいち共感です。
タケみたいに都会からの若者移住者も結構いるけど、長く定住してくれる人はあまりいないみたい。
都会の人の田舎暮らしの理想と現実に大きなギャップがあることが定住が続かない理由みたいだけど、この映画は割と理想だと思いますよ。
現実は高齢者ばかりなので、あんなに至れりつくせり世話焼いてはくれないから、定住が続かなかったりするみたいです。
そういうわけで、田舎のいい所、悪い所、暖かいところ、厳しいところを描いている本作は、結構楽しめました。
原作はいがらしみきおの漫画だそうですが、未読でございます。


ジヌよさらば ~かむろば村へ~ [DVD]  ■かむろば村へ 上 (原作漫画)

ジヌよさらば ~かむろば村へ~〔amazon配信〕


ロケ地は福島県の奥会津。
下記サイトにロケ地マップあります。
http://www.aizu-concierge.com/oku/upload/spot/U1076/file/tokusyu/m.pdf







にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。

Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.