Breaking News
recent

おにいちゃんのハナビ (2010) 高良健吾×谷村美月

昔、この映画、『おにいちゃんのハナビ』を機内で見てしまったところ号泣で、大変なことになってしまいました。数年ぶりに見たけどやっぱり号泣でした。よくある難病実話ものという感じではなく、お兄ちゃんのひきこもりからの再生物語、そして兄妹の絆のお話です。

妹・華が急性白血病により半年間の入院生活を終えて家に帰ると、兄の太郎はひきこもりになっていた!?一家は、華の病気療養のために、新潟県の田舎町に引っ越してきたが、大人しい太郎は友達が出来ず、町にも馴染めなかった。華は自分の病気で引っ越してきたという負い目もあり、兄を外に連れ出したり、バイト探しを手伝ったり、バイトにつきあったり。「お兄ちゃんの花火が見たい。」と町の同級生たちが花火を上げる”翠嶂会”への入会を勧める。




舞台となるのは、新潟県小千谷市の”片貝花火”です。片貝の同級生たちは同期会のような感じで、会を作って、片貝花火で人生の節目となる年に花火を奉納するそうです。個人も家族の長寿や子供の健康などの祈願のためお金を出して花火を上げたりするそうです。お兄ちゃんは来年二十歳になる、という設定で、お兄ちゃんの同級生たち翠嶂会に入って、来年みんなで節目となる花火を打ち上げる予定。こういう同期会みたいなものは、途中から入ってきた上にひっこみ事案な兄ちゃんみたいな人ににとってはキツイいなぁと。。。当然入会する気になれないお兄ちゃん。

しかし華ちゃんの病気が再発してふたたび闘病生活になってしまいます。お兄ちゃんは華ちゃんに花火を見せたくて、翠嶂会に入ります。お兄ちゃんは少しずつ翠嶂会になじんでいきます。しかし華ちゃんは亡くなります。




華ちゃんの死はまだ中盤で、ここからお兄ちゃんの奮闘がはじまります。


せっか翠嶂会に入ったけど、お兄ちゃんは華ちゃんだけのために、華ちゃんの大好きな真っ赤な花火を上げたい。翠嶂会を抜けて、バイトを増やして、花火職人に花火の作り方を教わりに行ったり。華ちゃんの死後が感動ポイントなので、死の描写はあっさりめです。そして片貝花火の日が号泣クライマックス!兄妹の愛、親子愛、友人愛、そして町の人の愛など、沢山の愛のお話です。

高良健吾みたいなイケメンはひきこもりとかナイナイ!!って思いきや、意外にも言動や視線、見た目でかなりひきこもりがサマになっています。そして兄妹の両親に、大杉漣と宮崎美子。お兄ちゃんは父親に、華ちゃんは母親に風貌も気性も似ていて、お兄ちゃんと華ちゃんは目元が似ていて、とても家族らしかったです。お兄ちゃんと父親との確執も見ていて凄く良くわかりました。不器用さがそっくり!癖まで似せていて芸が細かいです。谷村さんは坊主頭もお似合いでした。華ちゃんの強引さに最初はちょっと引きますが、その理由が判ると切なかった。あと華ちゃんの親友3人衆の2人は岡本玲と、ロングヘアーの剛力彩芽でした。

そんな大杉蓮さんと高良健吾は「蜜のあはれ」ではそれぞれ室生犀星と芥川龍之介。こちらも楽しみです!

地味でオーソドックスな内容ですが、とにかく泣けます。悲しい涙より爽やかな涙のほうが大きかったです~!

そういうわけでロケ地は新潟県小千谷市や長岡市などオール新潟ロケだそうです。


片貝花火のシーン






■DVD               ■ブルーレイ
        



Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.