Breaking News
recent

ピンポン 当時ブームだった窪塚洋介がアイキャンフライ!クドカン脚本

「ヒーロ!!見参!!!」


この映画「ピンポン」は大友大洋の同タイトル人気漫画が原作で、驚くほど原作の雰囲気のままの映画化に成功しています。
窪塚洋介、ARATA(現井浦新)はもちろん、脇役まで原作の雰囲気だし、映画がかもし出すテイストもそうなんです。
小説や漫画の実写化ってホント難しくて、似せすぎても引くし、似てなくても興ざめだし・・・本作は数少ない二次元→三次元への成功例だと思います。
2002年公開の映画ですが、もう何度見たことか・・・でも色あせていません!
とってもまっすぐで熱い、卓球青春映画です。

卓球をこよなく愛し、勝つことに絶対的な自信を持ちながら天真爛漫で気分屋のペコ(窪塚洋介)と、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイル(ARATA)。二人は幼なじみで、小さい頃から近所にある卓球場、タムラに通っていた。高校生になった二人は共に片瀬高校卓球部に属していたものの練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。そんな二人が対戦すると必ずペコが優位に立つ。しかし、日本卓球界の星と期待された過去を持つ卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付け、執拗に指導しようとする。しかし、クールが信条のスマイルはそんな小泉の熱血指導を拒絶するのだったが……。--all cinema


高校卓球における天才型選手たちと努力型選手たちの栄光と挫折、友情、嫉妬や渇望、勝利と敗北、努力などを友青臭い青春キーワードを友情のオブラートで包み込んだ、スポ魂王道卓球青春映画です。
いや、高校スポーツでシビアに「天才と凡人」を描いている点が王道とは外れるかな。
学校生活だとか恋愛、家族のこととか一切省いて、潔いほど卓球のことだけ。
そして地味と言われる卓球という競技を、躍動感あるかっこいい競技だと思わせてくれます。
あのかっこいい卓球シーンはCGらしいです。
でもどこが実写でどこがCGなのかよくわからりません。


  • ペコ    :天才型だが練習さぼってばかり。「卓球でこの星の一等賞になりたい」
  • スマイル :ペコの幼馴染で笑わないから”スマイル”。「卓球なんて暇つぶし」
  • ドラゴン  :インターハイ2年連続個人優勝の高校最強の選手
  • アクマ   :ペコとスマイルの幼馴染で努力型 「飛べねー鳥もいるってこった!」
  • チャイナ  :卓球王国中国のエリート選手だったが脱落して日本へ

この4人の卓球を通しての人間模様が見所で、5人とも素晴らしくいいです!
それぞれの人物をちゃんと描いているし、男子高校生のとんがったところや、ちょっとおばかなところも含めて、キラキラしていて、どのキャラクターにも共感できます。
軸となるのがペコとスマイルは幼馴染で、スマイルはずっとペコを追いかけてきました。
その2人の関係がメインとなっています。

でも毎度心を奪われてしまうのは、本作唯一の凡人アクマ君(大倉孝二)です。
自分が挫折だらけの凡人だからだと思いますが。
ペコとスマイルの幼馴染でもあるアクマは、幼い頃は一緒に卓球を楽しんでいたのですが、いつしか2人に、特にスマイルに強烈なライバル心を持つようになり、彼らとは敵対関係(ライバル高校)になってしまっています。
でも、凡人が努力しても越えられない壁があると知ってしまったアクマは、とってもいい奴だったりします。

大倉孝二さん、ドラゴン役の中村獅童さん、キャプテン役の荒川良々さんはこの映画で知ったのですが、今やよく映画やドラマでよく見かける個性派俳優です。
あとラストで子役時代の染谷将太君が出ています。
あと公開当時は知らなかったんですが、宮藤官九郎脚本です。
原作リスペクトな脚本ですが、時々クドカン節が垣間見えます。


ブルーレイ             原作マンガ
        



ロケ地は主に神奈川県の江の島付近で藤沢市、鎌倉市で、インターハイのシーンは茨城、少し東京です。



○江の島弁天橋
出典:wadaphoto
とても有名な、ペコの「アイキャンフライ!!」のシーンです。
いや、有名なのは、この映画の数年後に窪塚さんが「アイキャンフライ!!」したからかもしれませんが、かなり凝ったカットで必見のシーンです。
住所:神奈川県藤沢市江ノ島





○七里ガ浜
This photo of Matsumoto Mountai Pass is courtesy of TripAdvisor
ペコが海に向かって叫ぶシーン



○上諏訪神社

ペコが再び卓球に向かい合うと決めたとき、オババと猛特訓した神社。


○神奈川県立七里ガ浜高等学校
出典:wiki
ペコとスマイルが通う片瀬高校




江ノ電に乗って、ペコとスマイルがチャイナんの高校に行くシーンですが、原作者大友大洋さんがカメオ出演されています。
キャップかぶってる方です。






にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。

Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

Powered by Blogger.