Breaking News
recent

転々-てんてん- オダギリジョー×三浦友一 +ロケ地

「日曜の夜に食べるカレーはどこか寂しい」


2007年の作品だけど何度見ても好きな映画。
オダギリジョー主演×「時効警察」「亀は以外と早く泳ぐ」の三木聡監督。
そしてオダギリジョーの相棒はチンピラな三浦友一。
直木賞作家、藤田宜永の同タイトルの小説の映画化で、小説もとても面白かったけどとてもシリアスで、映画はかなり三木風味になっており全くの別物という雰囲気です。

幼いころに両親に捨てられた孤独な大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)は、いつの間にか84万円もの借金をこしらえ、返済の期限があと3日に迫っていた。しかし、その期限の前日、文哉は借金取りの福原(三浦友和)から借金をチャラにする方法を提案される。それは、吉祥寺から霞か関まで歩く“東京散歩”に付き合うことだった。

・・・というわけで、債務者と借金取りという相容れない文哉と福原の間柄ですが、文哉はしぶしぶお散歩につきあうことに。

脱力系ナンセンスコメディの三木監督ならでは、奇天烈な人に出会ったり、すっとんきょうな事が起きて珍道中、となりそうなところだけど、意外なことにホロリとくる感動作で、三木作品にしては珍しく万人ウケする作品だと思います。
出会う人は奇天烈よりはマイルドな変ちくりんというか風変わりというか・・・そんなテイスト。
途中までは文哉と福原がどうでもいいようなこと話ながらタラタラお散歩しているだけのお話なのでですが、クスクス笑えるようならしい小ネタは多々仕込まれており、飽きることはありません。
吉祥寺から霞ヶ関までまっすぐ向かうのではなく、かなりあちこち寄り道しているので、そのまま東京観光みたいな感じです。
でもタラタラ散歩していても「なにかあるな。」という雰囲気。
そして、この散歩にも切ない理由があるわけです。
「転々」とは転々と歩くってことかな。

福原の知り合いだという麻紀子(小泉今日子)と姪のふふみ(吉高由里子)の暮らす家に2人で寝泊りするようになってから、転々としなくなり様子が変わってきます。
麻紀子は2人を客扱いせず、サクッと受け入れ、サクッと食卓を囲み、生活がはじまります。
初めてこの映画を見たとき、吉高さんは無名でしたが、妙に印象に残る不思議ちゃんっぷりです。
この4人の暮らしも見所です。
あったかくて切ないことになっています。

この監督の作品はネタバレしないで説明はかなり骨が折れます。。。とにかく訳アリまくりの男2人のロードームービー、というか散歩ムービーで、散歩の後に少しなにかが変わる、クスクス笑ってホロリ涙、って感じの映画ですので、はいよろしくどうぞ。




○明治神宮外苑 銀杏並木






○井の頭公演 

出典:wiki
散歩のスタートは吉祥寺の井の頭公園。焼き鳥のいせやさんで焼き鳥食べて・・・(劇中でおいしくないって言ってたけど^^;)

住所:東京都武蔵野市御殿山一丁目18-31



○愛玉子(オーギョーチィー) 



出典:tabelog
谷中で昭和9年創業の台湾の植物から作られたゼリーのお店。
住所:東京都台東区上野桜木2-11-8




○浅草花やしき

出典:wiki
文哉、福原、麻紀子、ふふみと行った遊園地は、日本最古の遊園地。(1853年開園)
住所:東京都台東区浅草二丁目28番1号




○警視庁 

出典:wiki
長い散歩の終着点。
住所:東京都千代田区霞が関2丁目1番1号




■『転々-てんてん-』DVDと原作小説
   










Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

Powered by Blogger.