Breaking News
recent

味園ユニバース 渋谷すばるの歌と演技が見所 そして安定の二階堂ふみ

「クズがクズ捨てただけや気にすんな」




ジャニーズのアイドル映画ではなく音楽映画です。
監督は「リアリズムの宿」「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督。
「二階堂ふみは好きだけどアイドル映画だろうな。」と嫌な予感がしたから避けていたけど、自分の予感はヘボかったわけです。
何が良かったって、渋谷すばるの歌が、楽曲とともに良かったです。
渋谷すばるの歌のパワーと、渋谷すばるの演技の説得力が全て、という映画でした。


ストーリーは割とありがちの記憶喪失人情ものです。
歌以外はすべて忘れてしまったポチ男(渋谷すばる)を拾った、バンド「赤犬」のバンドマネージャーカスミ(二階堂ふみ)。
いろんなスッタもんだがあり、ポチ男が記憶を取り戻すまでのお話です。
それでも全然退屈じゃないのは、第一に役者さんたちの魅力、第二に説得力のある音楽、だと思います。
あと不器用で乾いた大阪人情もの、ってのも良かったです。


二階堂ふみは安定の演技力であろうことは折り込み済みでしたが、ぶっきらぼうなナニワ少女っぷりが可愛いかったです。
バンドマネージャーということで、バンドのおっさん達を鼻であしらうような肝っ玉母ちゃんみたいな感じもおもしろかった。
脇役に至るまでハズレなし。
赤犬のバンドメンバーもすっとぼけた感じで面白かったし、久々に見た鈴木紗理奈の個性的なTHE大阪のおばちゃんも味がありました。


そして渋谷すばる。
バラエティでボケてる人、ジャニーズの中でお芝居をしない人、って印象だったのでちょっとビックリしました。
関ジャニの歌とかちゃんと聴いたことあまりなかったので、こんなハイトーンでパワフルな歌声だということにも驚いたし、狂気をはらんだ眼と猫背な感じが若い頃の甲本ヒロトみたいでした(ハンサムだけど)。
和田アキコの「古い日記」をアカペラで歌うシーンで心を掴まれました。
本作では歌の意味が別の意味をはらんでいるのもポイントだと思います。
記憶を失くしているときはちょっとかわいくてアイドルっぽいんだけど、記憶を取り戻した後はアイドルオーラゼロでまるで別人だし、歌唱力もアイドルじゃなかった。
すごくギャップがある役なので、大人の渋谷ファンはたまらんだろうな、中高生の渋谷ファンは目が点になってしまうのではないか・・・とか思いながら見ていました。
関ジャニといえば、恐ろしいDV男をやった役者錦戸亮もいるし、関ジャニはあなどれないですね。
それにしてもこの映画、ポチ男もといシゲオの今後が心配すぎる。


結構ツッコミどころはある構成で、それは後半に集約されているのがいまいちでした。
記憶喪失ものは「一体この人はどこの何者なのか?」ってところだけちゃんとすればなんとかなるものだし、この映画の魅力は歌にあるので無理矢理目を瞑ってみようとも思いましたが、やはりちょっと勿体無いと思ったわけです。


タイトルの「味園ユニバース」は「赤犬」がライブをやったところで、味園ビルの中にかつて「ユニバース」というキャバレーがあったので味園ユニバースとも呼ばれています。
そのキャバレーが閉鎖して、今は内装はそのままにイベントスペースになっています。
かつて和田アキコが専属歌手だったとかなんとか。



引用:Osakaビル
住所:大阪市中央区千日前2丁目3番9号

さすが大阪…ディープスポット「味園ビル」が怪しすぎるw

こちらに味園ユニバースロケーションマップがあります。


DVD               ブルーレイ
      




Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.