Breaking News
recent

蜩ノ記 役所広司×岡田准一 武士の美学を描いた直木賞受賞作映画化


「蜩ノ記(ひぐらしのき)」は葉室麟の直木賞受賞作である同タイトル小説の、元黒沢組小泉堯史監督による映画化です。
フィルム撮影されていて、国内最後のフィルム映画になる模様。
映画としても時代劇としてもかなり地味目な映画ですが、日本の美をつめこんだしみじみと感動できる映画だと思います。


7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎(岡田准一)は、秋谷一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれる。秋谷の人格者ぶりを知り、事件の真相を探り始めた庄三郎は、やがて藩政を大きく揺るがしかねない秘密を知るが……。---cinema today



10年後に切腹の命を受けた侍秋谷と、切腹までの数年をただ見張るだけの命を受けた若侍庄三郎、運命のいたずらで交わうことになった二人の人生を描いた物語です。
武士の信と義がテーマで、つまり邦画王道な時代劇作品です。
しかし時代劇にありがちな派手な殺陣などほぼなく、人間を描いている時代劇なので、とても渋みがある(地味とも言う 笑)上質な人間ドラマとなっています。
その中で師弟愛、家族愛、夫婦愛、友情などが描かれており、秋谷とその家族が、残された3年を運命に抗らうことなく生きていく様を淡々と描いています。

そして、「なぜ秋谷は切腹しなければならないのか?」ということを紐といてゆくミステリー要素もあります。
庄三郎が探偵役で、色々とかぎまわるうちに、秋谷がなぜ切腹という過酷な運命を受け入れているのか分かります。

とにかく日本美に溢れた美しい映画です。
日本的な景色、四季、登場人物たちの生き様、言葉使いも、身のこなしも、全て清くて美しいです。
主人公の清廉潔白さと自己犠牲の心は、現代人にとっては絶滅人種のように感じられますが、憧れる生き様だと思います。

キャストの役者さんは完璧でした。
役所さん、岡田さん、原田美枝子さん、掘北さんは勿論すばらしいのですが、子役の郁太郎役の子の健気な武士道に、かなり涙腺刺激されました。

撮影地は主に岩手県の遠野だそうです。
原作は豊後(大分)羽根藩という架空の藩が舞台です。

こちらの遠野市観光協会のHPで、蜩ノ記ロケーションマップがダウンロードできます。




○ふるさと村 肝煎りの家

こちらが劇中の戸田家です。
遠野ふるさと村内にあります。

住所:岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1   Tel:0198-64-2300

    




Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.