Breaking News
recent

王様とボク +ロケ地 菅田将暉主演×松坂桃李 不思議系青春ムービー


菅田将暉と松坂桃李は最近人気がある実力派俳優ということだが、本作は「王様とボク」は2012年の作品。。。多分ブレイク前の作品?
原作はやまだないとの漫画らしいが未読なので、原作がどういう世界感の作品なのか分からないのだが、本作はふわふわとした不思議な映画だった。


18歳の誕生日の夜に恋人キエ(二階堂ふみ)と結ばれたミキヒコ(松坂桃李)は、幼いころ事故に遭って以来眠った状態が続いている同級生モリオのことを思い出す。その後、モリオ(菅田将暉)は12年ぶりに目を覚ますが、心は事故当時の6歳のままだった。大学進学など将来への不安を感じていたミキヒコは、無邪気なモリオの姿を見て、自由に過ごしていた幼い頃の自分に思いを巡らせ……。---cinema today


ミキヒコは大人になりたくないと思っている。
そんなときに、幼馴染のモリオが12年の眠りから突然目覚める。
6歳の心を持つモリオに会って、ますます大人になりたくない、という気持が強くなり、モリオに寄り沿おうとするミキヒコ。
キエをほっぽらかしてまで(笑)
キエは・・・この年代の女子は男子よりずっと大人だし、「大人になんかなりたくない!」と言っていても大人なのだろう。

って感じだと思う・・・多分。
なんだかすごく独特なテイストだったから。
全体的にわかるようなわかんないような・・・でもなんとなくわかるような気がする・・・という空気に満ちたとても不思議な作品。
画面がファンタジーっぽいテイストになるんだけど、それもどうだかよくわからない。

「大人になんてなりたくない!」という思春期特有の感情についてのお話です。
遠く遠く遠い日の感情だけど、誰もが身に覚えがあるであろう感情。
大人になれば責任を負わなきゃいけないとか、大人が楽しそうに見えなくて、永遠に子供でいたいという感情。
そんな風に思っていても、いつの間にか大人になっちゃっているものだけど。

あとトモナリ(相葉裕樹)という、モリオとミキヒコの幼馴染がいて、彼は足が悪いせいかどこか達観しちゃってる少年。
大人になってしまっているようにも、まだ大人になりきれていないようにも見える。
境遇からして一番葛藤しているのは彼なんじゃないかと思うが、彼の出番はほんの少し。
トモナリが一番脆くて悲しい少年のように見えたのでとても気になった。

・・・といことで、6歳の子供のままのモリオ、大人になりたくないミキヒコ、大人になってしまった素振りをするトモナリ(相葉裕樹)という3人の18歳の少年の、思春期の終わりごろ特有の大人にはなりたくないが、子供のままでもいられない、という葛藤を描いている。
「大人になんかなりたくない」「大人になるってどういうこと?」という誰にでも身に覚えがあり、大人になってしまえば別にどうってことない過程をちょっとファンタジーっぽいというか、独特のふわふわした世界観で、描いているのだと思う。
この「独特のふわふわ感」が結構クセモノで、一体なんのことなんだかかよくわからなくなる。
回答は出さずに、視聴者に考えさせる映画だとおもっておこう。

起承転結の”起承転”という構成なので、彼らがどうなるのか気になってしまった。
そのあたりも読者に委ねているんだと思うけど、ミキヒコは私達同様、「大人になんかなりたくない!」なんて言ってるうちにいつの間にか大人になっているパターンだろうが、モリオはちょっと想像がつかない。

いつもの如く二階堂ふみお目当てで見たが、菅田将暉と松坂桃李の熱演が素晴らしかった。
二階堂ふみは「大人になんかなりたくない!」と口では言ってたけどしっかり大人ななんだかつかみどころがないような感じがいつもの二階堂ふみでした。



PS
ミキヒコの夢オチ!?
そうだったんだ(笑)




東京と神奈川県小田原で撮影とのこと(公式サイト)


 
このシーンは、池袋の「珈琲ささい」というお店らしい。
公式サイトでロケ地を紹介している。



この誕生パーティーのシーンは幻想?現実?よくわからなかったが、小田原の小田原文学館がロケ地のようだ。



Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

Powered by Blogger.