Breaking News
recent

北のカナリアたち 吉永小百合と豪華若手役者陣



イヤミス(嫌な気持になるミステリー)の女王、湊かなえ原案、吉永小百合主演。イヤミスと吉永さんという斬新な組み合わせですが、湊かなえは”原案”ということですがまったく別物になっていて、人情ミステリーです。

日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。

原案は「往復書簡」のなかの「二十年後の宿題」という短編です。
先生はすべて手紙のやりとりで教え子たちの苦しい胸中などを知り、20年前の疑問がわかってくる、というミステリーです。「北のカナリアたち」の先生はるは、手紙のやりとりではなく実際に教え子たち(森山未來・満島ひかり・勝次涼・宮崎あおい・松田龍平・小池栄子)を訪ね歩き聞きだす、というロードムービーのような作りです。 湊かなえはダークな危うさが魅力なのですが、吉永さんが主演のせいか演出のせいかとてもピュアな作りになっていて、最終的には温かい気持になる感動作っていうことみたいですけど^^;


生徒たちはトラウマを抱えたまま生きてきており、20年前のはる先生はいくらどうピュアに描いてもなかなかの悪女ってところが、原案にはないにもかかわらず湊節を彷彿させます。ほかにも障害、トラウマ、不治の病、動物虐待などが次から次へという感じですので、途中は結構暗澹たる気持になります。それでもみんな生きることは辛いことなんだ、でも生きていかなければ、とポジティブな感じで終わり、温かい気持になります。

そして教え子たちのキャストが良すぎました。早々たる若手役者が集まったのは、吉永さんの映画だからでしょう。特に信ちゃんを演じた森山未來さんにはかなり泣かされてしまいました。あと子役の子供達の歌声も素晴らしく、大人になった役者さんとの雰囲気も似ていて誰が誰なのか分からなくなることもありませんでした。内容的にはイロイロとある映画なんですが、森山未來と利尻富士の美しさと子供達の歌声でどうでもよくなり、感動と癒しが残りました。

ロケ地は北海道の礼文島です。礼文島の美しさだけでも見応えがあります。

こちらに「北のカナリアたち」ロケ地マップがあります。


羽田発着⇔稚内 往復航空券+ホテル付 チケットカフェ









【Amazon.co.jp限定】北のカナリアたち (オリジナル特典映像付き) (完全限定生産版) [Blu-ray]

往復書簡 湊かなえ (幻冬舎文庫)


Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.