Breaking News
recent

ちょんまげプリン (2010) 錦戸亮×ともさかりえ×鈴木福ちゃんのタイムスリップファンタジー



サムライの格好させられてタイムスリップしまくっている錦戸亮。今シーズンのドラマは「サムライせんせい」と「下町ロケット」を見ているんだけど、視聴率に反して「サムライせんせい」のほうが面白くなってきてしまった。映画のほうで侍錦戸が現代にタイムスリップしているのが、本作「ちょんまげプリン」です。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」世代なので、タイムスリップものは大好物です。でもタイトルだけで「侍とプリンとアイドルの組み合わせがおもしろいわけがない!」 と思っていました。ところがこれ、結構笑えて楽しいエンターティメント映画です。侍が現代にタイムスリップして、菓子職人として活躍する・・・なんてストーリは先が見えるストーリーなわけだけど、それでも魅せてくれています。なぜか錦戸君が昔の言葉でしゃべるだけでスベらない。そしてちゃんとカッコイイ見せ場もあります。

江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった、ひろ子(ともさかりえ)と友也(鈴木福)の母子。友也のために偶然作ったプリンから、お菓子作りの才能を開花させた安兵衛。彼は人気パティシエとなり、ひろ子や友也とのきずなも深まっていくが……。


面白さの理由は、この手の映画につきもののタイムパラドックスやら時代検証とか潔く全カットして、お侍さん、シングルマザーとその子供の3人の異文化コミュニケーションに徹していることかなぁ、と。「昔は良かった。」だけではなく「現代も良いところがある。」っていうところもちゃんと描かれています。江戸時代のしょぼい旗本武士の安兵衛は、離婚歴ありシングルマザーのひろ子との価値観が合うわけなどないんだけど、価値観まっさらの友也とまず心を通わせていきます。父親不在のひろ子家、ひろ子は「安兵衛さんが友也の父親の父親だったらな・・・」という気持から生まれる大人の恋のお話でもあります。やはり江戸時代の侍と現代のシングルマザーを出会わせたのが逸脱な設定だと思います。

そしてなんだかんだ私達も江戸時代のお侍さんに大切なことを教えてもらったな、という気持になります。ハートウォーミングコメディなので、ご家族でのご鑑賞にオススメの映画です。

原作は荒木 源の小説です。小説のほうは「ちょんまげぷりん 2」というのがありまして、中学生になった友也が江戸時代にタイムスリップして奮闘するお話です。勿論安兵衛さんとも会えるのですが、びっくりするような形での再会です。

舞台となるのは、巣鴨、六本木、麻布、神田、足立区等東京都内です。





○JR巣鴨駅

引用:Wiki
住所: 東京都豊島区巣鴨3丁目


○道源寺坂 

引用:minato-kanko.com
住所:東京都港区六本木一丁目3番地と1丁目4番の境界

○竹むら

引用:tabelog
ひろ子と友也が安兵衛と”再会”する時翔庵は神田の甘味処のお店です。
住所:東京都千代田区神田須田町1-19

ベニースーパー 佐野店
タイムトンネルの場所・・・安兵衛が最初に現れた所。
住所:東京都足立区佐野2-27-10

雑司が谷鬼子母神
3人で初詣に行った場所です。
住所:東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20


■『ちょんまげプリン』DVD&原作小説
  


そして小説『ちょんまげぷりん2』では中学生になった友也が江戸時代に・・・!?






Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.