Breaking News
recent

風が強く吹いている 小出恵介×林遣都 スポ魂箱根駅伝もの

駅伝弱小大学が箱根駅伝を目指すシンプルなスポ魂ストーリー。
原作は三浦しをんの同タイトル小説で、個人的に大好きな小説です。
自分は若い頃スポーツをやっていて、スポ魂少年漫画を読んで育ったということもあると思うのですが、小説でも映画でも割と王道のスポ魂ものが好きです。


あらすじ: 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競技部のリーダーでもあるハイジ(小出恵介)は、そんなカケルを陸上競技部にスカウトし、ひそかに抱き続けていた箱根駅伝出場の夢を実現させようとする。


スポーツの世界では、小学校で1番の奴が中学では平凡な実力で、中学で1番の奴が高校行けば平凡な実力。
で、高校で1番だった奴も大学行けば平凡で、そこから10人の中に入らなきゃ箱根駅伝には出られないという、言わば競争を勝ち抜いてきた長距離エリートだけが箱根駅伝に出ることができる、という非常に狭き門です。
しかし物語のスポ魂ものは、エリート街道からはみ出した奴が、エリートに勝つ、ということが醍醐味だったりします。
そういうわけで、リアリティに欠けるものだったりご都合主義だったりするものは見たくない、という方にはスポ魂もの全般あまりおすすめできないのですが・・・

本作は、怪我によりエリートから外れたハイジが、これまた不祥事でエリートから外れたカケルと出会ったことから、弱小大学から箱根駅伝を目指す、という物語。
ハイジとカケル以外のメンバーは陸上素人ばかりだというところが本作のおもしろいところ。
アフリカからの国費留学生だったり、元サッカー部の双子だったり、司法試験一発合格の秀才だったり、留年しまくりのヘビースモーカーだったり、漫画オタクだったり・・・イッパシのキャラ揃いです。
現実的には絶対ありえないことなんですが、そこが物語の面白いところかなぁ、と思います。

実はこれらの陸上競技にはほど遠いと思われるメンバー達は、ハイジの先見の明により才能を見出されたメンバーだったりします。
小説ではこれらを詳細に描写することである種のリアリティはあったのですが、映画では大幅に割愛されており、ご都合主義に一層拍車がかかっているのがちょっと残念だったけど仕方がない。

それでも感動しちゃうのは、本作は普遍的なテーマであるハイジとカケルの「挫折と再起」を描いているから。
もう一つは、選手たちの「走り」がメインで、それぞれの選手がそれぞれの思いで走っている姿と箱根駅伝におけるドラマを描いていて、それが本物の箱根駅伝と重なるから。
そういうわけで箱根駅伝ヲタにはおすすめです。

正直想定外なことはあまり起きないベタな感じです。
しかし、スポ魂ものはベタがイイ!
特にスポーツの部活動やっていた人はそう思うんじゃないかな、と思います。
スポーツ系の部活って、ストレートでベタな感動や苦しみが多くないですか?
そしてユーモアが効いていて笑えるところも多々あうのですが、これは原作者の三浦しをんワールドだと思いました。
三浦しをんさんは人気みたいで、直木賞受賞後は「WOOD JOB」「舟を編む」「まほろ駅前シリーズ」など続々映画化されていますね。

俳優さんたちの肉体と走りはみんなそれぞれ選手っぽい体を作っていて、走りも美しかったです。
だから、みんなで練習しているシーンでもう胸が熱くなってしまったりしました。
特に天才ランナーカケル役の林遣都君のしなやかな走りが美しかったです。
遣都君、別のスポ魂映画でも高飛び込みやボクシングをこなしていたし、運動神経良さそうだなぁ、と。

箱根駅伝のシーンは、東京、神奈川で道路封鎖しての撮影許可が下りなかったため、大半の駅伝シーンは大分、少し北九州で撮影したそうです。

国道一号線だからそりゃ無理ですよね^^;







羽田⇔大分 往復航空券+ホテル チケットカフェ


羽田⇔福岡 往復航空券+ホテル チケットカフェ





DVD          ■原作小説(傑作です!)
   

■こちらamazon配信サービス




Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

Powered by Blogger.