Breaking News
recent

麦子さんと (2013) 堀北真希×松田龍平×余貴美子 娘と母の物語



ドラマで見る堀北真希さんに魅力を感じたことはないけど、映画での彼女はとってもイイです。
・・・といっても「三丁目の夕日シリーズ」「HINOKIO」「県庁おもてなし課」「蜩ノ記」くらいしか見ていないのだけれど。
そういうわけで、本作「麦子さんと」は堀北真希が演じる麦子と母親(余貴美子)の物語です。
幼少の頃に家を出たきりで、記憶にも殆どない母親と再会した麦子の複雑な心情を描いたパートが第一部、母の死後に知る母親の事、そこから芽生える母への思いを描いた第二部というような構成です。

声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、帰らぬ人となる。麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳歌(おうか)した田舎を訪れると、町の人気者だった彩子に似ている麦子の登場に町の人々は活気づく。そんな彼らと交流するうちに、麦子は自分の知らない母の一面を垣間見ることになり……。



母親は子供達を捨てて出ていっていて、父親は死去、以来憲男と麦子の兄妹2人暮らしという設定。
そういうわけで、歪んだ環境下での母親と母親の死に対する娘の心情を描いています。
母親役の余貴美子さんが母親特有のうっとおしさを好演しており、「自分勝手な母親だな。」思いながら見はじめたため、思いっきり麦子に感情移入して見ることができました。

母親は多分余命が少ないと知っていたから、最後に子供達に・・・と思ったのだろう・・・あっさり死んでしまう。
憲男は多分母に捨てられた時の記憶が鮮明だからなのかなんなのか分からないけど、母が転がりこんで来るなりちゃっかり彼女の同棲始める。
そういうわけで、麦子と母親の2人暮らしも、なかなか母を母と思えず接し方も良くわからない中訪れる母の死。
母との楽しいころの記憶がある憲男は母の死に際し、人知れず涙を流すことができる。
一方、麦子は涙を流せない。
そんな麦子が母の田舎を訪問し、母の同級生たちと出会い、母のことを知ることによって心から母の死を悼むことができるようになるまでのロードムービーです。

母親の死という感傷的なテーマですが、ところどころにユーモアが散りばめられて軽妙に描かれているので笑えて、ホロリとくる映画です。
麦子と兄憲男のやりとりも笑えるし、母の同級生役の麻生祐未(ミチル役)さんと温水洋一(井元役)さんですから、ちょっとトンチンカンでほんわかです。

堀北さんは、アニメオタク麦子と若い頃の母親の二役です。
若い頃の母親が聖子ちゃんの「赤いスイトピー」を歌いそうで歌わないという(笑)
ラストでいよいよ堀北さんが歌うか!!???と思いきや聖子ちゃんで、ココはちと残念でした。
あと若い頃の母親が聖子ちゃんに憧れていた・・・という設定だと余貴美子さんは年齢が上すぎるんですが、この母親は余さんだから良かったということもあり忘れます。

あと堀北真希と松田龍平は泣きの芝居がウマくてもらい泣き必死です。


『麦子さんと』DVD




こちらに「麦子さんと」都留市ロケ地マップがあります。
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/syoukoukankou/pdf/film/mugilocationmap2.PDF


○アニメイト渋谷店
麦子の職場のシーンです。


○都留ファミリーボウル



麦子さんと 〔アマゾン配信サービス〕








Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.