Breaking News
recent

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 中井貴一主演

中井貴一主演「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を見ました。
タイトルどおり、49歳で電車の運転手になった男の話(笑)
それ以上でもそれ以下でもないです。
49歳に運転手になった男とその家族や周囲の人々の姿にそっと眼差しを送るように静かに描いています。
三浦友一主演の第2弾のほうの「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」は見ていたのですが、ヒットしたにも関わらず今までスルーでした。



大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となるが……。


良く言えば直球、悪く言えばベタなのですが、自分にとっては心に残る映画です。
中年男の夢のへの挑戦と実現がテーマで、それに伴う家族の再生を描いています。
自分も主人公肇の年齢に近付いていて、田舎に老いた両親がいる・・・ということもあり考えさせられた、ということもあるように思います。

東京での肇は、同期入社の友人(遠藤憲一)にまでリストラを言い渡すちょっと冷徹なエリートサラリーマン。
しかし忙しさのあまり家庭をかえりみず仕事一筋人間なので、妻(高島礼子)と娘(本仮谷ちゃん)の間とも不穏な空気が流れています。
そんな肇があることをきっかけに、田舎に帰って幼い頃からの夢であった一畑電車の運転手を目指し、運転手として働くようになります。
その過程に家族との関係も良くなっていく・・・という割と凡庸なお話です。
凡庸な話だからこそ、自分とも重なる部分があり、身につまされました。
そして生真面目な中井貴一が鉄道マンにぴったりでした。


でも49歳でエリートサラリーマンから子供の頃の夢を実現するため電車の運転手への転職ってファンタジーのようですが、でも人は人生に一度くらいはこんな無茶な挑戦をしてみたいものなのかも。
好きなことを仕事にできている人のほうが少ない。
好きなことを仕事にできている人は、無茶の挑戦を怖れなかった人なのかも。
ちょっと考えさせられます。
それでも夢に向かって進む姿というのは、年を重ねているほど難しいこともあり、かっこいいと思いました。
ほっこり勇気付けられる映画だと思います。

130分の中に夢への挑戦と家族の再生、夢を実現してからの仕事のこと、サイドストーリーで運転手仲間の若者(三浦貴大)のエピソードなんかもあり、いささか詰め込みすぎな感じはしましたが、それ以上にそれにどのエピソードも捨てがたいエピソードでした。
三浦貴大さん(三浦友一さんと百恵さんの次男)のデビュー作なんだそうですが、その後大活躍ですね。

肇と共に主役を張るのが、島根県の東部を走る一畑電車、通称バタデンです。
島根の風景の中を走り抜けるバタデンの映像が、本当に丁寧に美しく切り取られています。
こちらにロケ地マップがあります。
http://www.kankou-shimane.com/mag/mov/railways/





○伊野灘駅
肇の家(島根)の最寄駅です。


○一畑口駅
引用:wikipedia









Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.