Breaking News
recent

砂時計 (2008) 夏帆 池松壮亮 松下奈緒 池松壮亮 井坂俊哉+ロケ地


映画『砂時計』を見ました。
原作は少女マンガだそうで、ドラマになるほど人気なんだそうですが、そちらについては全く知らないです。
そういうわけで、THE日本の恋愛映画という感じです。
松下奈緒、夏帆のW主演で、14歳の夏帆が26歳になると松下奈緒になるわけですが、内容の殆どが少女時代のエピソードな上、26歳になってもやたらフラッシュバックが多いため、もう夏帆主演、という感じです。
因みに14歳の池松壮亮が26歳になると井坂俊哉になります。

両親の離婚で東京から母の実家がある島根県に移住してきた14歳の水瀬杏(夏帆)は、田舎特有の雰囲気と祖母になじめずにいたが、同い年の北村大悟(池松壮亮)らと出会い自分の居場所を見付けていく。それから12年後、東京で暮らす26歳になった杏(松下奈緒)は同窓会に出席するため、初恋の相手である大悟(井坂俊哉)が住む島根を訪れる。--cinema today

王道的な青春恋愛映画なのかな?と最初は思っていたけど・・・かなり違いました。
マンガもドラマも見てない身には、色々と理解に苦しむ映画でしたが。

精神疾患のため自殺してしまった母を持つ、ヒロイン杏のトラウマの克服の物語で、その克服のためにラブストーリーがあるという感じです。
杏はそのトラウマ故に人格形成に歪みが出て、精神的に弱かった母親に似てしまい精神的に脆弱なところがあり、結局は大悟しか杏のことを受け止めることができない、という話でしょうか・・・?
3時間越えの長い映画でしたが、それでも長さが足らない感じでちょっとよくわかりませんでした。

そういわけで母に自殺なんかされてしまったら当然トラウマになるし、心の闇のようになってしまうとは思いますが、杏の心の闇をホラー表現にするとか斬新すぎて・・・
甘々ラブーストーリーの中で突然襲いかかるホラーはちょっと怖かったです。
杏は心の傷か深すぎるゆえに周囲を振り回して不幸にする、という結構ヒドイ女だなー、とか思ってたら、杏の婚約者がもっとヒドくて笑えました。
多分笑えるような内容の映画ではないんですが、婚約者がエリート商社マンというのも

そういうわけで、12年越しのラブストーリー+自殺により残された家族の心の闇という内容には長さがちと足りていない結果、どちらも中途半端になってしまっているような感じはしましたが、見ている最中は、夏帆と池松さんがえらいキラッキラなためあまり感じませんでした。
あと夏帆さんは「箱入り息子の恋」「天然コケッコー」に次いで素敵でした!

ロケ地は出雲です。
https://www.kankou-shimane.com/mag/08/04/suna.html



●仁摩サンドミュージアム

引用:trip adviser
杏が母と、そして大悟と訪れた仁摩サンドミュージアムの一年時計
住所:島根県大田市仁摩町天河内975

●出雲大社
 引用:wikipedia
杏と大悟が縁結び祈願に訪れるシーン
住所:島根県出雲市大社町 杵築東

●飯谷

母の遺影に向けて投げた砂時計を大悟が拾い、杏に渡したシーン
住所:島根県大田市大代町新屋



●石見海浜公園

14歳の杏が大悟に砂時計を預け、26歳の大悟が杏に砂時計を返したシーン
住所:島根県浜田市国分町 江津市波子町


●断魚渓谷




















引用:wiki

杏や大悟たちの林間学校のシーン






Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

Powered by Blogger.