Breaking News
recent

女の子ものがたり (2009) 深津絵里主演 少女版「スタンド・バイ・ミー」

少女版「スタンド・バイ・ミー」だと聞き、見てみました。
『女の子ものがたり』というフワフワなタイトルと予告編からキラキラかわいい青春物語を想像していたのですが、「スタンド・バイ・ミー」よりもシビアでハードな、美化されていない昭和の青春&友情物語でした。
コピーの「もうこんな友達は一生できないと思う。」というのもまさに「スタンド・バイ・ミー」の話だし、子供達の家庭環境が悪く、不幸が子供達の絆になっているのも同じ。
物書きになった主人公が、大人になって全く会わなくなった友人を本当の友達だと思い返し書く、というのも同じです。
少年達のような冒険物語はないけど、女子らしく成長していく姿を描いています。
原作は西原理恵子の漫画だそうですが、ほぼ実話だそうです(未読)。

36歳の漫画家の高原菜都美(深津絵里)は、昼間からビールを飲み、たらいで水浴、ソファで昼寝をするなどスランプから抜け出せない生活を送っていた。新米編集者の財前(福士誠治)にも愛想を尽かされ、キツイ一言を言われてしまうが、幼いころに過ごした友だちとの思い出にふけるうちに、菜都美の心が徐々に変化し始める。

スランプに陥った漫画家の菜都美が主人公。
グダグダしている菜都美に呆れた編集者の財前は、「先生にはどうせ友達がいないんでしょう!」みたいに言われ、思い出すのは故郷の友達。
閉塞感ある故郷の海街で、貧しくダメな親に育てられてられた少女たち。

普通よりは随分重いけど、途中まではキラキラした割とよくある成長物語です。
菜都美(なっちゃん)は母の再婚で引っ越してきた田舎町で、きーちゃん、みさちゃんと出会います。
きーちゃんとみさちゃんは家が貧乏だと学校でいじめられているのですが、なっちゃんは彼女たちが好きになり仲良くなります。
貧乏な家でダメな親に育てられたので、見なくてもいい色んな嫌なことを見すぎてちょっと屈折している3人ですが、集まれば笑いが絶えない。
ざっくばらんに言えば、そんな3人が一緒に成長し、大人になり、やがて決別するお話なんですが、重くて切なくて爽やかな友情物語になっています。

この田舎町というのが希望も未来もない田舎町。
女の子達は町を出たら二度と帰ってこない、男の子はヤクザになって帰ってくる・・・そんな町。
きーちゃんとみさちゃんはしょーもない男と結婚して、暴力をふるわれて頭蓋骨骨折とかになっても「幸せだ。」と言う。
彼女たちは彼女たちの母親のような、”町の女”の人生を選ぶ。
なっちゃんは「それが本当に幸せなのか?」と思っているのは、友達の幸せを心から願っているから。

でもそのことできーちゃんとぶつかり、友達と決別。
なっちゃんは上京し漫画家になるんですが、友達との思い出にふけるうちに、友達に会いたくなった菜都美は故郷へ。
そこではじめて分かる本当の決別の理由が・・・涙。

本当の友達は、友人関係を継続する人ではなく、会えなくても思い出す人、遠くにいても思う事ができる人なのかな、と思いました。
出会えたってだけですべてなのかも。

  
学生のなっちゃん:森迫永依、きいちゃん:三吉彩花 みさちゃん:佐藤初

なっちゃん:大後寿々花 きいちゃん:波瑠 みさちゃん:高山侑子

深津絵里さん主演ですが、大後寿々花さん演じる高校時代がメインで、この女の子たちがみんな一生懸命で凄く良かった。
現在朝ドラ女優の波瑠さんも、ロングヘアで好演。
6人を受けての深津絵里さんがとても優しくて、感動したあと温かい気持になる映画です。
かつて少女だった方は多分共感できると思います!




ロケ地は愛媛県大洲市と伊予市だそうです。
こちらのブログが詳しいです。







羽田発着⇔松山 往復航空券+ホテル付 チケットカフェ






■女の子ものがたり 深津絵里主演[DVD]
■女の子ものがたり 西原理恵子著 (原作マンガ)


にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。
Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.